西田あい





学生時代に歌手を志し、平尾昌晃ミュージックスクールでレッスンを積む。
ポップスを中心にレッスンしていた18才の頃、「君の声は歌謡曲向きだ」と言われ初めて山口百恵の『プレイバックpart2』を聞き衝撃を受ける。
それから数々の昭和歌謡を知り、歌謡曲の世界に魅了される。
2008年開催のオーディションで、レコード会社の目にとまりスカウトされる。
スカウトを機に上京し、1年半に及ぶボイストレーニングを経て2010年7月7日七夕の日に夢が叶い「ゆれて遠花火」で日本クラウンより歌手デビュー。
そして、平成22年度日本クラウンヒット賞新人賞を受賞。
数多くのテレビやラジオ、全国各地のイベント・コンサートへ出演。
ふるさと鹿児島では薩摩大使に任命され、数々のイベントに出演する等、精力的に活動を続ける。
プライベートでは、本格焼酎を愛するがゆえ、焼酎アドバイザーの資格を取得。
2018年にYouTubeにて「ニシアイチャンネル」を開設。現在チャンネル登録者数は6万人に迫る。
歌手として歌にまつわる企画から、美容企画など、様々な動画を週4〜5ペースで投稿。
囁き声で話しながら心地よい音探しをする音フェチ・咀嚼音のASMR動画が大人気で、10代・20代の女性を中心に、音のスペシャリストとして注目されている。また、コロナ禍をきっかけにギターを独学で学び、弾き語りも披露している。

2019年12月には「アイランド・ソングス〜私の好きな 愛の唄〜」発売。
プロデューサーに佐藤剛氏・SoulJa氏を迎え「ルージュの伝言」などの名曲をEDMサウンドで新たなアレンジに、また懐かしの歌謡曲をミュージシャンとのセッションをそのまま収録した様なライブ感溢れるものまで、全10曲収録。
2020年3月4日には10周年記念シングル「My Story」発売。
作詩・松井五郎氏、作曲・林哲司氏、編曲・萩田光雄氏がタッグを組み「人生の転機を迎える女性」をテーマに、洗練されたポップスセンス溢れるメロディを乗せた西田あい等身大の楽曲。
3月16日付のオリコンウィークリーチャート(演歌・歌謡部門)では、自身初の1位を獲得。
2021年3月3日 初めて作詞に挑戦したシングル「幸せ日記」発売。
作詞:SoulJa・西田あい、作曲:SoulJa、編曲:YANAGIMAN
2021年8月4日 前作「幸せ日記」と同じ制作陣で“幸せシリーズ第2弾”となる「Smile-幸せのタネ-」を発売。


 

nishidaai_qr.jpg

西田あい 着うた(R)

レコチョクにて
着うた、着うたフル配信中!

※着うた(R)/着うたフル(R)は対応機種のみのサービスです。