秋吉 敏子

秋吉 敏子 プロフィール


秋吉敏子(左は、Monday満ちる)

1929年12月12日旧満州の遼陽に生まれる。日本に引き揚げ後、1946年より九州の駐留軍クラブでジャズ演奏を始める。
1949年に上京、当時の日本のトップグループでピアノ演奏。51年に渡辺貞夫を加え、コージー・
カルテットを結成。
1953年ノーマングランツ来日時に、その卓越したピアノをオスカー・ピーターソンに認められ、グランツの手で初録音を果たしアメリカのジャズ・シーンに紹介され注目を浴びる。  
1956年1月バークリー音楽院に奨学生として渡米。56年、57年とニューポート・ジャズ・フェスティバルにも出演、一躍注目される存在となる。
59年チャーリー・マリアーノ(alt sax)と結婚し、Monday 満ちるをもうける。以後チャーリー・マリアーノ、チャールス・ミンガス、ルー・タバキン(サックス奏者、現夫)らと活動。73年にトシコ・アキヨシ・ジャズオーケストラ?フィーチャリング・ルー・タバキンを結成。
数々の名演、名盤を世に残し、人気と地位を獲得していった。代表作としての74年発表の『孤軍』、76年の『インサイツ』などは、モダン・ジャズの金字塔として世界中で評価されている。
1997年秋、紫綬褒章授章、2004年、旭日賞受賞、国際交流基金賞受賞、朝日賞受賞。
1999年日本人で始めて『国際ジャズ名声の殿堂(International Jazz Hall of Fame)』入り。2003年11月、30年間続けたJazz Orchestraを解散し、原点であるピアニストの活動を再開。
2006年12月4日に音楽生活60周年(渡米50年)を記念して自身のビックバンドを率いて東京・サントリーホールで記念チャリティーコンサートを行う予定。現在もN.Yを拠点に活動中。
日本が誇る世界的ジャズ・アーティスト。

<主なアルバム>
『フェアウエロ』『タイムストリーム』『カーネギー・ホール・コンサート:秋吉敏子ジャズ・オーケストラ・フィーチャリング・ルー・タバキン』『トシコ・プレシズ・トシコ-時の流れ「タイム・ストリーム」秋吉敏子』『トリビュート・トウ・エリントン:秋吉敏子ジャズ・オーケストラ・フィーチャリング・ルー・タバキン』『広島-そして終焉から』『穐吉敏子』など多数。

Monday満ちる

1963年8月19日 東京都出身 (現国籍:アメリカ)
ピアニスト秋吉敏子、アルト・サックス奏者チャーリー・マリアーノの間に生まれる。
シンガーソングライター、ミュージシャンとしてアルバム「mangetsu」でシンガーとして1991年デビュー、数々の作品を発表。以来数多くの国内外のJazz Festivalにも出演。
俳優としても、映画「光る女」(1987)第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、87年度キネマ旬報新人女優賞など俳優業としても数多くを受賞。

谷川俊太郎

1931年12月15日 東京都出身
父 谷川徹三(哲学者)
処女詩集「二十億光年の孤独」(1952)はじめ数多くの、詩集、翻訳、絵本、作詞を手がける。主な作品に「六十二のソネット」(1953)「ことばあそびうた」(1973)「月火水木金土日の歌」(1962、日本レコード大賞作詞者賞)「マザー・グースのうた」(1975、日本翻訳文化賞)他多数。アニメ「鉄腕アトム」の作詞も手がけている。詩「朝のリレー」は、多くの学校教科書にも採用。
近年「愛する人のために」(日本生命CMに採用)で注目を集める。日本を代表する詩人の一人である。