THE STAND UP

PROFILE


メンバー・プロフィール
太田タケヒロ(G) 10月12日生 B型 (通称:オーちゃん)
福島アツシ(B) 12月 2日生 A型 (通称:フク)
坂本タカノリ(Vo&ハープ) 6月10日生 A型 (通称:タカちゃん)
鳥塚マサヨシ(Ds) 1月8日生 B型 (通称:マサヨシ)

坂本タカノリ(Vo)と太田タケヒロ(G)は、中学の同級生。当時のドラムと坂本タカノリは高校の同級生。
メンバー全員が埼玉県熊谷(のあたり)出身。
2001年4月1日THE STAND UP結成。結成時は坂本タカノリ・太田タケヒロ・ドラムの3人。
ベースはサポートメンバーだった。4月26日熊谷VOGUEにて初ライブを行う。
2001年6月 福島アツシが加入し、現在の4人編成となる。
2002年7月 1stアルバム「今、僕等、歩く道。」リリース。特に大きな宣伝活動もその当時全国的なライブ展開もない中、その歌詞&楽曲をティーン世代が圧倒的に支持し、口コミで全国的な広がりをみせ、
オリコン・インディーズ・チャート1位を記録するなどロング・ヒットを記録した。
2003年2月2ndアルバム「ちっぽけな勇気と・・・。」からBMGよりリリースする。
前作同様にティーンからの熱い支持を受け、オリコン初登場6位となり、現在でもロング・セラーとなっている。
2003年3月「ちっぽけな勇気と・・・」レコ発ツアー。渋谷クアトロを皮切りに名古屋ELL/大阪BAYSIDE JENNY、広島ネオポリスホール/北九州マーカス/熊本DRUM Be9/大分TOP’S/博多DRUM SON
計8公演。5月仙台JUNK BOX/宇都宮VOGUE/郡山#9/神戸スタークラブ/京都たくたく/熊谷VOGUEの計6公演、6月にツアー・ファイナルを渋谷AXにて行う。
2003年9月3日  1stシングル「夜明けの光/永遠じゃない喜びよ」リリースと同時にレコ発ツアー“傷だらけの切り裂きジャック”を同日スタート。渋谷クアトロ(ワンマン)、名古屋ELLと博多DRUM SONでバンド初となる2DAYS実施や、10/12ツアーファイナルの熊谷VOGUEのソールドアウトするなど、
約1ヶ月ちょっとで21ヶ所23公演を敢行。
2004年1月7日 2ndシングル「ひとつのはじまり」リリース。2004年の何かのはじまりを予感させるシングル。
2004年2月8日地元の熊谷市立市民体育館にてフリーライブ“叫べ!ふるさとのうた”実施。どこから来たの?という程大盛況ぶり。約3000人を集める。
2004年2月25日3rdアルバム『青い星と君の言葉』をリリース。今までのTHE STAND UPの枠にとらわれない歌詞、楽曲、サウンドで大きな評価を得る。
2004年3月22日アルバム発売を受けてツアー「Here We Go!」スタート。弘前からスタートし、
ラストは5/8の渋谷CHELSEA HOTELまで25公演。
2004年5月26日3rdシングル「果てしなく遠い空に」リリース。
4月からスタートしたNHK BS2のアニメ「今日からマ王!」のOPテーマ曲。c/wの「ステキな幸せ」は同番組のEDテーマとして流れている。
2004年7月初のDVD「PUNCH!」リリース。塚越(Dr)脱退。
2004年8月新ドラマー鳥塚マサヨシ加入。いくつかのコンピに参加。
2005年2月ミニアルバム「slow operation」リリース。5月までかけ22本のレコ発ツアーを行う。
インディーズに戻りアルバムタイトルどおりマイペースな、作品づくりとLIVE活動に入る。
2005年9月ボーカル坂本が熊谷近郊のバンドの為、個人的にインディーレーベル「シグナルレコーズ」を発足。
第一弾コンピアルバムリリース。
2005年9月〜2006年2月ドラム鳥塚交通事故の怪我により、一時活動休止状態となる。LIVEはサポートメンバーで行われた。
2006年3月鳥塚完全復帰で、再スタート。フルアルバムの構想に入る。
2006年10月二年半ぶりのフルアルバム「REBEL TO MADNESS」リリース。