The New Classics

kansha_a.jpg

The New Classics

曲・詞ともに三人の共作。
若干19〜20歳という年齢が持つ鮮やかな感性と、年齢に相反した熟成された音楽性が共存しているところが魅力。
活動歴だけ見れば、キャリアらしいキャリアは無いと言って良く、10数曲のオリジナル楽曲は決して多いとは言えないが、その全てが、近い将来大きな成功を確信させる作品ばかり。
メロウな歌声と情熱を秘めたクールなラップが共存するThe New Classicsのスタイルは今の時代最も支持されうる理想形の一つだと言える。

<Photo L→R>
Asu(アアス)、Greg(グレッグ)、Kaz(カズ)

Biography

Asu、Greg、Kazの三人は、皆同じインターナショナル・スクールで学んだ仲間。
そもそもの出発点は、GregとKazが‘05年に仲間達と組んだ6人組のHIP HOPグループ。
そのグループで歌とラップを担当していた二人が、その後’07年に新たな仲間と結成したのが、最初のThe New Classics。
その後、メンバーの入れ替わりを経て、最終的にGregとKazの二人だけが残る状態に。
一方、Asuは、インターナショナルスクール中学卒業後、アメリカへ留学。高校卒業後、大学へ進学したものの、楽の道を歩むために、‘07年末に帰国。
ソロ・シンガー(兼キーボーディスト)として都内でライヴ活動をスタートさせていたAsuとGreg、Kazが再会したのは’08年初頭、インターナショナルスクールの同窓会。
全くの偶然とも言える再会だったが、その場で音楽を通じて意気投合、AsuがThe New Classicsに加入する形で、現在のThe New Classics結成へと至る事になった。

Asu.jpg

Asu

‘88年1月8日生 東京都出身。
Vocal, Keybord,作詞、作曲担当。
The New Classicsの世界観を体現出来る、キーパーソン。
幼少の頃より、ピアノを学び、母の影響からか、作詞、作曲を行ってきた。アメリカでの留学を経て、帰国後The New Classicsに加入。
The New Classicsが必要としたパズルの、最後のピース。
< Asu's Favorite>
二度寝、餃子、ビリヤード
Color:紫
Artist:Stevie Wonder / Brian McKnight / Donny Hathaway
The Carpenters / Bill Evans / 平井 堅

greg.jpg

Greg

‘88年10月25日生 東京都出身。
Rap,Vocal,作詞担当。
The New Classics重要なポイントの一つであるRapを司る。
父を偉大なるKool&The GangのオリジナルメンバーのGeorge Brownであり、早くから音楽の洗礼を受ける。
母は日本人。幼い頃から父との世界Tourにも同行しFunk , R&Bに触れていた彼は、マイケルジャクソンの日本公演にてちびっ子ながらも同じステージに上げてもらい、手をつないで踊るなど、音楽のフィールドでの活動は常に有り続けている為、彼にとっては普通の出来事。
大和魂と、本物のRhythm &Bluesを受け持つ現代音楽のサラブレッド。
< Greg's Favorite>
Color:黒、白
Instruments:尺八、三味線、ドラム、ギター
Sports:Basket Ball
Artist:Kool&The Gang / Will Smith / 坂本龍一

kaz.jpg

Kaz

‘89年7月2日生 東京都出身。
Vocal, 作詞担当。
The New ClassicsのR&Bたるポイント、そのメロディに欠かせない人物。
The New Classicsがハーモニーを奏でるに重要な声を持ち、 Asuとのコンビネーションは彼が居るからこそ。
幼少の頃から音楽は常に触れていたが、人前で歌うことが出来ず、部屋で歌を歌い、過ごしていた。
学生時代は陸上競技に没頭していたが、Gregに誘われ、The New Classicsの前身のグループに参加。
そこでの活動を通し、歌う喜びと、人に伝える大切さを知る事となる。そこから音楽探究心旺盛さも開花し、友人達から貰った自信と音楽を追求し今日に至る。だからこそ好きな言葉は“感謝”
Kaz's Favorite
Color:黒
Instruments:弾けないけどギター
Sports:格闘技全般
Artist:BONE THUGS N HARMONY / LUDA CRISS / Brian McKnight / CHEMISTRY

kansha_a.jpg