みち乃く兄弟

みち乃く兄弟プロフィール

平成元年 吉 幾三氏より芸名「戦国」と名づけられ徳間ジャパンより吉 幾三作詩作曲「東日流」(つがる)で全国発売。
平成3年 東芝EMI移籍。「母の詩」「また逢おう」発売。
平成4年 改名「みちのく兄弟」。「どんどん民謡」「三味線兄弟」発売。
平成6年 「どだばなだば」「侫武多ぶし」発売。
平成7年 結成20周年リサイタル練馬文化センターにて公演。
平成8年 テイチクレコード移籍。「岩木山/故郷ありて」発売。
平成10年 「ソーラン港」「しあわせ音頭」発売。
平成12年 「日本全国しあわせに」発売。
平成14年 (吉 幾三芸能生活30周年記念曲)「なぁ・・・じょんがら節よ」発売。
平成15年 北島三郎特別公演に出演、オリジナル曲を頂き劇場で唄う。好評につき6月1「ふるさとの風はやさしかった」を急遽発売。
平成17年 原 譲二 作詩・作曲で「みちのく渡り鳥」を発売。

sakurai_a2.jpg