城之内ミサ

2017年4月21日(金) 19:30~20:45
「音楽と心の旅・Series12」
羽田空港 5階 EDO HALL(展望デッキフロア)

“戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない”(ユネスコ憲章前文より)。「世界の平和」と「世界遺産保護」、そして「心の平和」への願いを国連機関ユネスコ・パリ本部が任命した、ユネスコ平和芸術家:城之内ミサの音楽作品に乗せて、東京国際空港国際線旅客ターミナルの空から世界の空へ発信! 本公演は、国連機関ユネスコ・パリ本部パートナーシップ事業の枠組みで行われます。

「音楽と心の旅・Series12」vol.1
ユネスコ世界遺産条約採択45周年記念
国連機関ユネスコ・パリ本部パートナーシップ事業
ユネスコ平和芸術家 
城之内ミサ
世界遺産トーチランコンサート
Peace of Mind キャンペーン
東京国際空港 国際線旅客ターミナル

■日時
2017年4月21日(金) 19:30~20:45

■場所
東京国際空港 国際線旅客ターミナル 
5階 EDO HALL(展望デッキフロア)

■出演
城之内ミサ:作編曲・キーボード

[世界遺産トーチランコンサートオーケストラ抜粋メンバー]
高桑英世:フルート・篠笛・ティンホイッスル (予定)
庄司知史:オーボエ・イングリッシュホルン・ドゥドゥーク(予定)
馬場信子:琴
信田かずお:キーボード
齋藤順:コントラバス
船本英雄:パーカッション
合唱:東邦音楽大学附属中学高等学合唱団
手話振り付け:TIAT(東京国際空港エアターミナル)合唱団有志
※出演者や内容は変更する場合がございます。
次回は、5月20日(土)14:00〜 4階 江戸舞台にて開催予定です。

※日本語チラシはこちら
※英語チラシはこちら


2017年3月28日 火曜日
トーク&コンサート

ANAは、2017年、鹿児島就航60周年を迎えました。皆様方の長年にわたるご愛顧に、心より感謝申し上げます。
鹿児島県には、現在、世界自然遺産の「屋久島」と世界文化遺産の「明治日本の産業革命遺産」を構成する旧集成館等があり、 さらに2018年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美大島と徳之島があり、これが実現すると、全国で唯一文化遺産と複数の自然遺産を有する県になります。
今回、有識者の方々による世界遺産の保護と未来についてのトークセッションと、城之内ミサ氏作品の美しい楽曲と演奏と共に鹿児島の素晴しい世界遺産の魅力をご紹介し、未来へのメッセージをお届けするイベントを企画しました。
ぜひとも鹿児島の魅力を堪能し、素敵なひと時をお楽しみください。

開催日:2017年3月28日 火曜日
開場:17:30
開演:18:00〜(トーク 45分 コンサート 60分)
場所:東京 晴海・第一生命ホール(トリトンスクエア内)
*第一部 トークセッション 松浦晃一郎(第8代ユネスコ事務局長)
              星野一昭(鹿児島大学特任教授)
              島津忠裕(島津家第33代 株式会社島津興業 代表取締役)

*第二部 ユネスコ・パリ本部パートナーシップ事業 ユネスコ平和芸術家 城之内ミサ
世界遺産トーチランコンサート
■演奏  城之内ミサ 作編曲、ピアノ

(世界遺産トーチランコンサートオーケストラ スペシャルメンバー)
高桑英世:フルート/篠笛/ティンホイッスル
庄司知史:オーボエ/イングリッシュホルン/ドゥドゥーク
馬場信子:琴
田代修二:キーボード
船本英雄:パーカッション
桐山なぎさ:ファーストヴァイオリン
大久保祐子:セカンドヴァイオリン
渡部安見子:ヴィオラ
阿部雅士:チェロ
齋藤順:コントラバス

ヴォーカル:フォルバレーノ(簗瀬のぞみ 小山侑紀 増田桜美)
合唱:東邦音楽大学附属中学高等学校合唱団 ソロ 中村ルミーナ
手話振り付け:黒澤慶子 飯島章子 山下美紀

演奏曲(予定)
・Le chant de la tarre~ 大地の歌(ユネスコ世界遺産条約35周年記念曲)
・Silent Horizon〜旅愁(羽田空港国際線 拡張記念委嘱作品)
    鹿児島〜奄美への心の旅「組曲:Majestic landscape」
・Original scenery 〜 原風景
(BS朝日『にほん風景遺産 エンディングテーマ曲』
・Prayer 〜 祈り
・ moon beach 
・ Ondine〜精霊(ユネスコ世界自然遺産イメージ曲)
・Peace of mind(ユネスコ・パリ本部公式ソング) /他

詳細はこちらをご覧ください。