ハン・ジナ

歌う王冠LIVE 9月3日 開催決定!
北川大介、ハン・ジナ、福島はじめ、羽山みずき、津吹みゆ出演!

※詳細はこちらをご覧ください。

ハン・ジナの曲がCS放送のスターデジオで特集されます!

放送日:2019年8月5日~8月11日
放送局:スターデジオ(100ch音楽ラジオ)
※放送期間中「Ch.425歌謡演歌歌手特集」にて放送されます。


スターデジオはスカパー!プレミアムサービスで聴く音楽ラジオです
https://www.stardigio.com/service/home/






ハン・ジナ
愛よりも深く」 

シングルCD : CRCN-8269
¥1,204+税 
商品購入
シングル
2019年8月7日発売

ハン・ジナ
「愛よりも深く」
 

「バラードのハン・ジナ」の、真骨頂にして新境地!
訥々と哀愁のことばを紡ぎます


【収録曲】
1. 愛よりも深く 
作詞:髙畠じゅん子/作曲:杉本眞人/編曲:川村栄二
2. 二人だけのカルナバル 
作詞:髙畠じゅん子/作曲:杉本眞人/編曲:川村栄二
3. 愛よりも深く(オリジナル・カラオケ)
4. 二人だけのカルナバル(オリジナル・カラオケ)
5. 愛よりも深く[一般用カラオケ (半音下げ)]
6. 二人だけのカルナバル[一般用カラオケ (半音下げ)]

ハン・ジナのニューシングルは、作詩をメジャーデビュー曲『悲しみの向こう側』以来10年ぶりとなる恩師・髙畠じゅん子氏、 作曲を今回初タッグとなる杉本眞人氏が手掛けた、どこかヨーロッパテイストを感じさせる大人の作品。
別れを予感する今でも抱く「あなた」に対する深く強い思いを、過度に歌い上げることなく淡々と言葉を紡いでいく歌声で、 正に「バラードのハン・ジナ」の真骨頂であると同時に新境地ともいえる極上のバラード作品に仕上がりました。


ハン・ジナ
ハン・ジナ ミュージックビデオコレクション」 

DVD : CRBN-82
¥3,241+税 
商品購入
DVD
2019年8月7日発売

ハン・ジナ
「ハン・ジナ ミュージックビデオコレクション」
 

ハン・ジナ、初のミュージックビデオコレクション!

【収録曲】
1. 悲しみの向こう側
2. サヨナラはくちづけのあとで
3. 窓
4. 愛は水平線
5. ガラスの部屋
6. どうせ捨て猫
7. 扉
8. 東京こぼれ花
9. 人待岬
10. 愛よりも深く

デビュー10年目のハン・ジナ初のミュージックビデオコレクションの発売が決定。メジャーデビュー曲にあたる『悲しみの向こう側』から最新曲『愛よりも深く』まで、10年間のハン・ジナの軌跡と成長の過程が読み取れる映像作品集。全曲オリジナル・カラオケ付き<歌詩テロップあり>
ハン・ジナ「人待岬」カラオケコンテスト結果発表!!

先日募集を締め切らせて頂きました、ハン・ジナ「人待岬」カラオケコンテストは、総数280通のご応募をいただき、日本クラウン株式会社では審査委員会を設置し担当ディレクターをはじめ厳正なる審査を行いました。
その結果下記の5名を優秀者に選出させて頂きました。優秀者の方々には2019年4月7日(日)開催の「ハン・ジナ 春・真っ盛り!ライブ」にて「人待岬」を披露して頂きます。
たくさんの皆様の御応募、誠に有り難うございました。

●優秀者<5名・敬称略>
河野美幸  (東京都)
恒川泰子  (埼玉県)
永野真由美 (千葉県)
望月絹子  (神奈川県) 
山本のりこ (三重県)




ハン・ジナ
ハン・ジナ プレミアムベスト」 

アルバム : CRCN-41319
¥2,500+税 
商品購入
アルバム
2018年11月7日発売

ハン・ジナ
「ハン・ジナ プレミアムベスト」
 

【収録曲】
1. 人待岬
2. 悲しみの向こう側
3. 愛は水平線
4. 窓
5. 扉
6. ガラスの部屋
7. サヨナラはくちづけのあとで
8. どうせ捨て猫
9. 東京こぼれ花
10. 本牧レイニーブルー
11. 恋炎舞
12. 愛された日々は過ぎても



ハン・ジナ
人待岬」 

シングルCD : CRCN-8182
¥1,204+税 
商品購入
シングル
2018年9月5日発売

ハン・ジナ
「人待岬」
(ひとまちみさき) 

新たなメタモルフォーゼの始動…
「バラード」のハン・ジナがうたうドレス演歌!


【収録曲】
1. 人待岬
作詩:荒木とよひさ/作曲:岡 千秋/編曲:伊戸のりお
2. 別れの驛路(たびじ)
作詩:荒木とよひさ/作曲:岡 千秋/編曲:伊戸のりお
3. 人待岬 (オリジナル・カラオケ) 
4. 別れの驛路 (オリジナル・カラオケ)
5. 人待岬 [男性用カラオケ(二音半下げ)]
6. 別れの驛路 [男性用カラオケ(一音半上げ)]

2008年「悲しみの向こう側」でメジャーデビューを果たし、メジャー10年目を迎えるハン・ジナが 「ドレスで歌うライト演歌」に初挑戦。荒木とよひさ・岡千秋・伊戸のりお各氏による表題曲「人待岬」では 帰るあてのない人を待ち続けながら、その恋の終わりを予感しているつらい女心を、 情感を揺すぶり続けながら吐露します。ハン・ジナの真骨頂である押し迫るような感情の起伏を 最大限に表現しながらも、どこかフォークを思わせるようなサウンドが優雅にやさしくハン・ジナの歌声を包み込みます。