コーヒーカラー

RELEASE2009.2.25発売
wakare_jk.jpg

CRCP-10215
¥1,143+税

人生に乾杯を! 〜別れの曲〜

好評発売中!

【収録曲】

  1. 人生に乾杯を!〜別れの曲〜
  2. 人生に乾杯を!〜別れの曲〜(オリジナルカラオケ)
  3. 春(オリジナルカラオケ)

コーヒーカラー
『人生に乾杯を! 〜別れの曲〜』

冬が厳しさを増し年の瀬が押し迫ると、決まってゆうせんのリクエストチャートの上位にランクインする曲がある。クリスマスソングではない。レコード屋の店先にこれ見よがしに並べられている訳でもなく、ましてどこにいてもテレビやラジオから流れてくるという曲でもない。にも関わらず、毎年多くの人達が必ずこの「人生に乾杯を!」をリクエストし続けている。なぜなのかはわからない。確かなのは、この曲が常に彼らの胸の中に留まり続けているという事だけだ。

5年前に誕生した“ 誰もが酔える平成の名曲”

J-POP 不遇の時代に現れたロマンとユーモアに満ちた歌謡詩人、仲山卯月とピアノのTESHI の2人組・コーヒーカラーが、メジャーデビュー・シングル「人生に乾杯を!」をリリースしたのが2004 年10 月。報道番組の顔でもある「ズームイン!!SUPER」辛坊 治郎氏や、昨年11月に肺がんのため死去した「NEWS23」筑紫哲也氏から絶大の評価を得て、密かな話題にはなっていた曲である。ただそれは、確かに密かなものだった。

こんな時代だからこそ“ 人生に乾杯を! ” を贈る!!

しかし、日本金融危機が表面化した2008 年末。突然、例年以上にリクエスト数が増加、ゆうせんチャートに急上昇ランクインし、レコード店からはバックオーダーが殺到した。仲山とTESHI は “何かが変わって来ている” と思わざるを得なかった。街には職を失った人々があふれ、それは誰にとっても決して他人事ではない。不安はつのり、明日に希望を持つ事などできやしない周りの状況。
でも、「そうじゃないんだ」と言ってもらいたいと思った人達、「あきらめてしまいたくない」と思った人達がこの曲をリクエストし、CD を手に取ったんじゃなかったのか。そう考えた時、今こそもう一度、今度はもっと多くの人達にこの曲を聴いてもらいたいと彼らは思った。そして「人生に乾杯を!」を、5 年ぶりに進化させたのだ。

クラシックの名曲、ショパンの「別れの曲」のフレーズを散りばめ、さらにぐっと大人の雰囲気を醸しだし、よりスタンダートなアレンジで生まれ変わった。さらに盟友・侍JAZZ BAND “PE’ Z” のメンバーが緊急参加し、ドラマチックなホーンアレンジを加える事により、以前にも増した強い力を持った楽曲に仕上がった。

5年前に起きた「人乾」現象

生まれては時代と共に消えていくヒット曲が多い中、「乾杯しよう…」のサビフレーズに耳を奪われ、若者はもちろん、中高年のサラリーマンの心をも揺さぶり、万人を虜にする甘いボーカルで当時ゆうせんリクエストチャート1位を獲得し、5万枚を超えるスマッシュヒットを記録した。それ以降、毎年年末になると密かに有線のチャートに顔を出し続けてる。

caffe.jpg

【レコチョク】
コーヒーカラー 着うた(R)はこちら。

※着うた(R) / 着うたフル(R) は対応機種のみのサービスです。

ohmykazoku_a.jpg