カーネーション

カーネーション、新作『Suburban Baroque』のビジュアルワーク公開。
アルバム詳細発表、吉澤嘉代子がコーラスで参加。全国ツアーも決定! 
2017.7.25 NEW

9月13日発売17枚目のオリジナルアルバム『Suburban Baroque』のビジュアルワーク、参加アーティストなどの詳細が発表になりました。ジャケットデザインは前作に引き続きCentral67の木村豊氏が担当しています。
2009年に脱退した矢部浩志が脱退後初めてレコーディングに参加、トリオ時代を彷彿とさせるカーネーションサウンドがよりレベルアップして復活。矢部以外のドラマーには近年のカーネーションを支えてきた張替智広や、黒猫チェルシーの岡本啓佑が参加。それぞれ楽曲にあわせた個性豊かなプレイと大田譲のベースとのコラボレーションも聴きどころ。他にも吉澤嘉代子が1曲コーラスで参加、直枝のヴォーカルとの絡みで儚く妖艶な魅力を発揮しています。他にもKIRINJIの田村玄一やツアーメンバーである松江潤ら、豪華で幅広いメンバーがアルバムに色を添えています。
また、全国主要都市でのリリースツアーも本日発表になりました。こちらも是非チェックしてみてください。

リリース情報はこちら  ライブ情報はこちら

NEW RELEASE2017年9月13日 Release!!

カーネーション
ALBUM 『Suburban Baroque』
CD2枚組 全11曲収録
CRCP-40525/26 ¥3,056+税

album

Suburban Baroque

17枚目のオリジナルアルバム

[DISC 1]
1.Shooting Star
2.Peanut Butter & Jelly
3.ハンマーロック
4.Little Jetty
5.夜の森
6.Younger Than Today
7.金魚と浮雲
8.Girl
9.Suspicious Mind
10.Please Please Please
11.VIVRE

[DISC 2]
DISC1収録曲のインストバージョンを収録

【参加アーティスト】
岡本啓佑(黒猫チェルシー)
佐藤優介(カメラ=万年筆)
田村玄一(KIRINJI)
徳澤青弦
張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)
藤井学(The Miceteeth)
松江潤
矢部浩志
吉澤嘉代子 他

カーネーション、17枚目のオリジナルアルバム『Suburban Baroque』が
9月13日に発売決定!
 2017.6.28 NEW

カーネーション、17枚目のオリジナルアルバム『Suburban Baroque』(読み:サバーバン・バロック)の発売(9月13日発売)が決定しました。
緻密に練られた楽曲や演奏力抜群のアンサンブル、直枝政広の人生の哀楽を鋭く綴った歌詞や圧倒的で個性的な歌唱、さらにはレコードジャンキーとしての博覧強記ぶりで、音楽シーンに大きな存在感を示し続けるバンド=カーネーション。結成34年という長い活動期間を経ながらも、若きリスナーから円熟のマニアまでをも魅了する彼らですが、旺盛な創作意欲は留まるところを知らず、昨年に引き続き本年度も CROWN STONESからニューアルバムを発表します。
本作には2009年に脱退したドラムの矢部浩志が脱退後初めてレコーディングに参加。他に岡本啓佑(黒猫チェルシー/Drums)、張替智広(キンモクセイ/Drums)、佐藤優介(カメラ=万年筆/Keyboard)、藤井学(The Miceteeth/Keyboard)、松江潤(Guitar)等の豪華ゲストミュージシャンを迎えて現在レコーディング中。『Suburban Baroque』=「郊外のバロック」という意味合いのタイトルですが、どのような内容になるのかはお楽しみに。
また、アルバム発売後の2017年秋に全国主要都市でのリリースツアーが決定しました。こちらもどうぞお楽しみに。